読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったり、すっきり、楽しく暮らす

ゆったりと、コツコツと楽しく暮らしたいと思っています。

小さな幸せな場所

整理整頓 暮らし 無印良品

f:id:noromanoronoro:20170301230548j:plain
あまり物を置くのが好きでは無い私ですが、あるとホッコリと嬉しくなる物は"よし"
としています。
寝室にある本棚の上には大阪の界市で行われた(灯びの集い)クラフトフェアで1時間程考えに考えた結果購入した、ある作家さんの花瓶です。色味といい佇まいといい凄く好みで子供が7歳の時に作った作品にも合うと思い手に入れました。

続きを読む

私流、子供部屋の作り方

暮らし 整理整頓 子供 無印良品

f:id:noromanoronoro:20170226194827j:plain

なかなか片付かずに、ごちゃごちゃしていた子供部屋を見直しました。

見直すと色も氾濫し、量が多すぎたのも判明!

 散らかり放題の部屋を改造です♪

 

続きを読む

一周して洋服はミニマムになりました

整理整頓 暮らし 衣服

 

f:id:noromanoronoro:20170223192139j:plain

元々、洋服が大好きで若い時から散財していました。 チープな物から身分不相応な

物までカード払いなどをし、払えない時は親に泣きついて支払ってもらったり…

あの時に自分の好きな格好が確立していれば今は悠々自適な?暮らしが手に入っていたんじゃないか…と悔やまずにはいられませんが過ぎてしまったものはしょうがない!これは今大人気の洋服だけミニマリストに挑戦だ!と一念発起しました♪

続きを読む

キッチンは自作が多いんです

整理整頓 暮らし DIY

f:id:noromanoronoro:20170222211215j:plain

チラッと上に見えるのが食器棚です。

 

noromanoronoro.hatenablog.com

 その下には元々3段タイプのカラーボックスを1番上だけ半分にカットし

レンジ置き場と同じ高さにし、ホームセンターで購入し白く塗った板を載せた

自作シェルフを作りました。

コンロの前が 丁度壁になっていてリビングから隠れる様な間取りで既存のシェルフを購入しようと探していましたが中々希望なシェルフが無かったので、それなら自分で作ってしまおう!と思い寸法間違いや高さの違いなど紆余曲折を経て自画自賛ですが、私にはベストな物が出来ました。

キッチンの色味は木、白、シルバー、少しの黒で揃えているので色の繁殖も

無く意味なく眺めてしまう事もあります。

続きを読む

一本ずつしか無いキッチンツール

整理整頓 暮らし

f:id:noromanoronoro:20170221200308j:plain

ここに写っているツールしかありません。

食器棚の横に、これ又フックをねじ込んで、お玉やシリコンのサーバースプーンはフックを横に向けスグに取れる様にしてあります。

キッチンバサミや皮剥き、味噌こしなどはフックを上向きに付け落ちにくい様にしてあります。

続きを読む

キッチン整理第3弾

整理整頓 暮らし

 

f:id:noromanoronoro:20170220161244j:plain

長々と続いてしまいますが、キッチン整理第3弾です

 

食器棚3段目には、毎日使う頻度の高い調味料やコーヒー、ココア、お茶パック

コーンフレークなど4種類ほどの透明の容器に入れてスグ取り出せる様にしています。

ほぼ腰の高さなので目の前にあるコンロですぐに味付けをしたり出来る方法を

やっと見つけました。ここに至るまでは何度も何度も場所を変えましたが

お皿も調味料もスグに見渡せる今の現状がベストです。

ぶら下がっているのは計量カップです。

棚自体が木で出来ているのでフックをねじ込んでいます。

続きを読む

キッチン整理第2弾

暮らし 整理整頓

f:id:noromanoronoro:20170218213617j:plain

昨日アップした写真が現在フル回転で毎日使用している食器です。

1人1つの茶碗、お味噌汁椀、丼、小鉢、大皿、取り皿、3つに仕切ってある角皿、

特に利用回数が多いのはグラタン用の深皿です。こちらは時に具沢山のスープ用になったり、お鍋の時の取り皿などで1つのみでの使用ではなく、色々な料理に使っています。

1つの用途しか出来ない食器は結果的に他の用途用の食器を揃えないといけないので、場所やお金を使ってしまうだけです。

極端な事ですが、コーヒーカップでコーンスープを飲んだって、お味噌汁を飲んだっていいんです。私は自分のお気に入りの食器であれば何を飲んでも、美味しいし

使っているだけで嬉しいです。

 

続きを読む